企業情報企業情報

鉄を造る企業と、鉄を活用する企業の間に立ち、信頼されるかけ橋であり続けたい。

当社は、神戸製鋼のグループ会社として、関東地区を主体に厚鋼板の加工・販売を行い、神戸製鋼と一体化した営業活動を展開しております。

私たちは、お客様からいただいた建材向けなどのご注文について、神戸製鋼の高品質な厚鋼板をレーザー・プラズマ切断機をはじめとする設備で切断加工を行い、また、素材の入庫から製品の納入までを一貫した管理システムのもと常にお客様のニーズに応えた、高精度で高品質な製品を造り続けお届けしてまいります。

企業情報企業情報

会社概要

商号
神鋼鋼板加工株式会社 (Shinko Kohan Kako, Ltd.)
設立
昭和45年5月1日
資本金
1億円
株主
株式会社神戸製鋼所 51%
株式会社メタルワン 25%
神鋼商事株式会社 14%
住友商事株式会社 10%
代表取締役社長
近藤 眞一
営業品目
厚鋼板の切断加工および開先、孔明、ショットブラスト等の2次加工
取引銀行
株式会社三菱東京UFJ銀行 東京営業部
株式会社みずほ銀行 八重洲口支店
所在地

〒272-0002千葉県市川市二俣新町17番地

管理部TEL:047-327-4111(代表)FAX:047-327-8463

営業部TEL:047-327-8811(代表)FAX:047-327-8463

製造部TEL:047-327-1871(代表)FAX:047-327-8463

神鋼鋼板加工株式会社 ビル外観

アクセス

〒272-0002 千葉県市川市二俣新町17番地
  • ・JR京葉線ご利用 「二俣新町駅」下車 徒歩15分 ※快速は停車しません。
  • ・JR総武線 東京メトロ東西線ご利用 「西船橋駅」下車、タクシーご利用で約15分

沿革

1970年05月
株式会社神戸製鋼所、日商岩井株式会社、丸紅株式会社の3社の共同出資により、神鋼鋼板加工株式会社として設立
1970年12月
市川工場が完成し、厚板溶断設備新設
1971年06月
市川工場ホットレベラーライン新設
1972年10月
市川工場NCトレーサー新設
1974年10月
本社を東京都港区(国際浜松町ビル内)に移転
1975年02月
市川工場第4棟増築工事完成
1981年06月
市川工場スリッター新設
1985年03月
市川工場に本社事務所の増築が完成し、本社および工場を集約
1988年08月
プラズマ切断機新設
1990年11月
NCプレーナ新設
1994年07月
NCガス溶断機2基新設
1995年12月
6kwレーザ切断機新設
2000年11月
4kwレーザ切断機増設
NCプレーナー新設およびフレームプレーナーリプレース
2004年06月
6kwレーザ切断機増設
2006年04月
薄板コイルセンター部門の会社分割
2007年08月
プラズマ切断機増設
2008年03月
アクアガス(酸水素ガス)発生装置導入
2010年09月
4kWレーザー切断機更新
2011年01月
6kwレーザ切断機(開先機能付)更新
2012年07月
単体型ドリルマシーン導入
2013年11月
機械開先機導入
2014年05月
ガントリー式ドリルマシーン(インクジェット搭載)導入
2015年11月
ショットブラスト導入
2016年08月
機械自動開先機導入